「大学生活―大学ってこんなトコ―」:慶應義塾大学編 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

校舎からのお知らせ

2014年 8月 15日 「大学生活―大学ってこんなトコ―」:慶應義塾大学編

 

こんにちは!昨日の野口に引き続き、今日も大学の紹介を行おうと思います!!

 

本日の担当は

慶應義塾大学 文学部人文社会学科1年

筧琴絵です。よろしくお願いします。

 

私の学部は、

1年 ⇒ 一般教養(広く浅く学ぶ科目のことです!)

2年以降 ⇒ 専門分野を確定

というカリキュラムになっているため、

まだ、自分の勉強したい学問だけに集中しているわけではありません!

しかし、おかげで、柔軟に将来について考えられる、というメリットがあります。

 

 

私自身、たとえば、図書館・情報学専攻に進もうと決めていましたが、

美学美術史専攻もいいかも、と思わせてくれた授業があります!

「映像音響文化論」というものです!

 

この授業、なんと、先生は

現在六本木の森美術館の展覧会「ゴー・ビトウィーンズ展」のキュレーターをなさっているんです!

 

 

(HPより転載)

 

 

この授業は最初は現代芸術の原点からはじまったのですが、レポートひとつをとっても、

深く考えを求められるようなものばかりでした。

この展覧会の内容にも触れたし、スライドもたくさん見たし、

各国の芸術に幅広い知識を持てて、さらにその芸術を理解するための歴史も学ぶことができたように思います。

すごくたのしかったです!

 

将来、ジャーナリズムだけでなく、芸術に関係する仕事もいいなあ

と、思ってしまいました。

 

夢なんてみつからない!とおもっているみなさん、大学は、夢を探す場所にもなりえます。

 

夏休みも残りわずか、はりきって勉強していきましょう!