【高1・2生向け】繰り返し学習の大切さ 中村颯志 | 東進ハイスクール 渋谷駅西口校 大学受験の予備校・塾 |東京都 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2021年 8月 19日 【高1・2生向け】繰り返し学習の大切さ 中村颯志

今回の担当は

早稲田大学 先進理工学部化学•生命化学科

中村颯志(そうし)です!

テーマは

繰り返し学習の大切さ

についてですが、今回は文系理系問わず

必要な英語の繰り返し学習

つまり

高速マスター基礎力養成講座

(以下高速マスター)

についてお話ししたいだと思います!

 

さて、皆さんは学校の定期テストで

英語、歴史、理科などの暗記項目を

いつ覚えますか??

 

おそらくテストの直前に詰め込む方が多いと思います。

この場合、テスト後1ヶ月ほど経ったとき

その暗記項目は記憶に定着しているでしょうか???

ほとんどの場合詰め込んだ知識は時間が経つと忘れてしまっています!!

 

受験でも同じことが言えると思います。

学校の定期テストの範囲では

直前の詰め込みでどうにかなっていたかもしれません。

しかし

受験の膨大な範囲を直前に詰め込み、

定着させるのは不可能です!

 

つまり、試験までに知識や暗記項目を定着させておく必要があるのです!

それには繰り返し学習しかありません!!

覚えて、忘れる前にもう一度取り組む。

忘れていた部分はしっかり覚え直す。

この繰り返しによって覚えていない部分がなくなっていき、

知識の定着になるのです!

この繰り返しに最適なのが高速マスターです!

高速マスターでは、

知識を高速で、効率的に修得し、

忘れていて間違えたところは再度取り組む。

この繰り返しができます。

結局この繰り返しをすることで知識を定着させることでしか

受験の暗記項目は乗り切れません!

 

暗記項目は、避けてしまう人も多いですが、

覚えて自分のものにしてしまえば、大事な得点源になります。

さらに、

いちいち調べる時間も必要なくなり、勉強の効率化が図れます!

 

繰り返しによる暗記項目の定着は受験において必要不可欠であり、

大きな武器になります!

 

始めるのはからです!!

高速マスターなどさまざまな工夫をして

繰り返し学習に励み

合格を勝ち取りましょう!!

 

過去の記事