ある日の入試のできごと | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2013年 6月 24日 ある日の入試のできごと

こんにちは!今日は吉野が受験生のときのおもしろいエピソードを語ろうかなと思います。

 

時は、、そう受験まっさかり。2月の始めの頃の出来事でした。その日はでした。

 

その日は青山学院大学の全学部入試でした。

本番試験はこれで2,3回目だったかな?

 

当日の試験は全力で挑みました。ここで合格をとって、一般入試をパスするぞ!!と。

(全学部入試の合格発表は一般入試の前日だったのです。)

 

いつもどおり、自信を持って全力で解答しました。見直しも綿密に。

 

9割くらいいったんじゃないかな、解いた後はこんな気持ちでした。

 

で、入試が終わると校舎へ。もと着た道を戻ればいいものの、忘れてしまい、なぜか歩道橋を渡り迷子に。そのまま受験生についていけばいいものを…

 

危うく校舎へ戻れないところでした。笑

 

校舎に戻ってみると、同じ試験を受けた友達が。

 

「あれねー!!!ちょっと迷ったんだよねー!!」

 

「あれって、あれだったよね!!!よかったー!!っていうか眼鏡に水滴ついてるよ」

 

なんて会話をしてて、確かに前がちょっとゆがんで見えるなと思って眼鏡を外した瞬間

 

パキッ

 

ん?

 

!!!!!!!!

 

眼鏡が真っ二つに割れているではないですか!!!!

ちょうど、鼻があたるところできれいに二つに割れてしまったのです…

 

明日試験なのに!!!!!

 

びっくりしすぎて笑ってしまいました。え?こんな茶番ある?というのが率直な感想でした。

 

次の日の試験は、同じく東進に通っていて仲の良かった友達、現、晴子担任助手に眼鏡を借りて、乗り切りました。

しかし、いやあ本当にびっくりしました。

 

ちなみに眼鏡が悪運の犠牲になってくれたのか、両方とも合格できました!

 

眼鏡をかけている皆さん、眼鏡はデリケートです、慎重に扱ってあげてください。

 

さてさて、明日の面白い話は渡部凌平担任助手にしてもらいましょう!

 

高校年生から渋谷駅西口校に通っているので、とっても面白い話が聞けると思います!

 

乞うご期待!

 

渋谷駅西口校担任助手2年 吉野香奈