グループミーティング紹介~河端担任助手編~ | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2015年 2月 26日 グループミーティング紹介~河端担任助手編~

こんばんは、担任助手1年の河端です。

最近は気温もだんだんと暖かくなり、少しずつ春を感じる季節になってきましたね。

 

時候の言葉はこれくらいにして、さっそく本題に入りたいと思います。

今日のブログのテーマはなんと! タイトル通りの

グループミーティング紹介」です!!

 

僕の担当しているグループミーティングは2つあります。

名前は本当は紹介したくないのですが、これをご覧の皆様には仕方がない…お教えしましょう。

 

 

1つ目が「ウミ イヌ 田沢湖 どっこいしょ

2つ目が「ヤマ ネコ 宍道湖 よっこいしょ」 です。

いや、僕にもしっかり見えてますよ。皆さんの頭の上の ? が!

なんだ、そのふざけた名前は!

とお叱りを受けるかもしれませんが、グループ自体はいたって真面目なんですよ。

1つ目の「ウミ イヌ 田沢湖 どっこいしょ」は

東大・一橋などの最難関国立大学を志望する生徒を中心に構成されており、周囲の最難関国立大学を志望する生徒とハイレベルな切磋琢磨を日々繰り返しています。

そのような中でも、このグループには活気もあり、メンバー同士が和気藹々しています。

グループ名の決定のときにも皆が思いついた言葉を適当に並べてこの名前になりました…

もう1つの「ヤマ ネコ 宍道湖 よっこいしょ」のほうも

東大志望を中心としたグループで、グループ名は生徒たちが考えるのが面倒だったらしく、上記のグループを真似していました…

男女混合でのグループなので最初はお互いが緊張のためかあまり話しませんでしたが、今ではグループミーティング中に話すようになり、良きライバル達になっているのではないかと思っています。

 

最後に、この2つの面談で僕がいつも言っていることは

「自分で考えて行動できる受験生になれ」

ということです。

最難関国立大学を受験する生徒は特に将来社会に出てからも重要な役職を担う人財になると思います。

だからこそ、受験勉強においても「言われたことをただこなす」だけではなく、「自分に何が必要か、どうすればそれを得られるかをいつも考えて勉強する」ような生徒であってほしいと思っています。

そして、この1年間でこの姿勢が自分のグループだけでなく、校舎全体に波及することを祈っています。

 

かっこよくまとめられたところで、今日のブログはこのあたりで終了します

それでは、明日も元気に頑張っていきましょう!!