センター数学ってどうやって点を取るの? | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2014年 5月 25日 センター数学ってどうやって点を取るの?

みなさん!こんにちは!

担任助手の橿渕です!

今日はセンター数学についてお話しします!

思うように点数が取れないキミ。

記述型の問題ならできるのにセンターになるとできないというキミ。

試験時間が足りなくて全問解くことができないキミ。

必見です!

 

では、まずセンター数学と記述問題の数学(国公立二次、私大レベルの問題)の違いについてお話しします。

両者の違いは、ズバリ!

試験で試されるものが違うのです!

え?数学の試験だから数学力が試されているのでは?

と疑問に思う方もいるでしょう。確かに数学の試験なので数学力が試されていることは間違いないのですが、その次に試されるものが違っているのです!

何が試されているのでしょうか…?

それは

国公立二次、私大の数学では発想力が求められ、

センター数学ではスピードが求められるのです!!!

60分という時間の中で大問4題を解ききるのは正直相当なハードワークです。

では、そのスピードを上げるために一体何が必要なのか?

それは、判断冷静さ経験です!

 

①判断

ここで良い例なのが数学ⅡBの微積分の問題です。

毎回とはいいませんが、微積分の大問の最後の問題は計算が煩雑になってしまい、時間をかけて解いても計算ミスなどで得点に繋がらないことが多々あります。

てはどうしなくてはいけないのか。

ここで判断てください。

自分が目の前にしている問題が果たして、計算が煩雑になるのかならないのか。

この問題を置いておいてその他の問題を解いた方が良いのか。

という判断が必要になってきます。この判断を正しくすることができれば試験中に問題を解ききれないということが少なくなります。

 

②冷静さ

試験中、焦ることありますよね。

誰だってあるかと思います。

しかし、焦ってしまっては普段の自分の実力を出すことができません。

落ち着くことが大事なのです。

では、落ち着くために何をすれば良いのか?

それは、計算を丁寧に行ない、丁寧に書くことなのです。

問題冊子に計算をするとき、空いている場所を記述の解答用紙だと思って計算するのです。

え?さっきはスピードが大事って言っていたのに矛盾してないか?

と、思った方もいるでしょうか。

しかし、丁寧に行なうことがスピードアップに繋がるのです。

なぜでしょうか。

丁寧に計算をしないと…

自分が一体何の計算をしているのかがわからなくなってしまったり、

途中で計算ミスに気が付いてもどこを見返せばいいのかわからなくなってしまったり、

と、時間を遅らせてしまう要因が出てきてしまうのです。

さらに丁寧に計算をすることで、後の見直しを楽にすることができるのです!

この方法はオススメなので是非やってみてください!!

 

③経験

そして、最後に最も重要と言っても過言でないのが経験なのです!

何事も経験と言いますがセンター数学もまさにその通りなのです!

そこで一役買うのがセンター試験過去問演習講座大問別演習講座です!

過去問は10年分大問別は40年分前後(過去の東進模試)のセンター数学の問題を解くことができるのです!

センター数学の問題には意外とパターンがあります。

何度も何度もセンターの演習を重ねることでそのパターンを掴んでください!

そうすればスピードが上がること間違いなしです!!

 

 

長くなってしまいましたね。笑

最後まで読んでくれた皆さん。ありがとうございました!

 

今日はセンター数学についてお話ししましたが得点を稼ぐ方法はまだまだたくさんあります!

自分なりのスタイルを発見してそれを追求していくこと!これが大事になってきます!

今日の話を1つの例として、センター数学の勉強を始めるきっかけとなってくれればと思います!

では、みなさん頑張ってくださいね!