入学して感じる東大の魅力 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 11月 14日 入学して感じる東大の魅力

 

 

みなさんこんにちは、担任助手1年の長森です!

 

共通テスト当日まであと約2ヶ月ですね、、!


受験生の皆さんも低学年生の皆さんも、

当日から逆算して今日何ができるか、

ということを考えて勉強していきましょう!

 

さて、今回のブログのテーマは

”入学して感じる東大の魅力”

ということで、

入学から7ヶ月が経った今感じていることを

2つのポイントに分けて書いていきます。

 

1. 自由に取れる授業


知っている人もいるとは思いますが、

東大は2年生の夏に

進学振り分けが行われるまで

全学生が教養学部に所属し、

自分が興味を持った講義を

自由に選択することができます。

自分も経済学部に進学する予定ですが、

今は数学、経済の授業だけでなく、

心理学や情報系、歴史の授業も多くとることができていて

とても魅力的だと感じています。

 

2. 刺激的な環境


東大の教授はその分野の最前線を走る方々も多く、

授業内容はもちろん

好奇心をくすぐられるものばかりです。


ただそれだけではなく、

周りにいる学生も

刺激的な人ばかりです。

同学年でも企業を真剣に考えている友人や、

将来の夢にむけて

公務員試験の勉強をしている友人

など本当に色々な人がいます。

また、東大は地方出身者の割合も

トップレベルに高く、

色々なバックボーンを持った人が

集まっていてそれもとても楽しいです。

 

 

以上の2点が、

僕が入学してから感じている東大の魅力です!


明日もブログを更新していくので、

ぜひチェックしてみてください!

 

本日の投稿者:東京大学文科2類1年 長森雄哉