受験に対する覚悟とは | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2013年 10月 17日 受験に対する覚悟とは

原です。

 

今日は面談をしていて思ったことを、徒然なるままに書き起こしてみたいと思います。

みなさん、受験に対する『覚悟』って、どの程度できていますか。

 

もちろん受験生はかなり固まってきているでしょう。すぐ目の前に迫っているのですから。

 

むしろ私は特に現高2生に問いたい。

”受験に対する『覚悟』って、どの程度できていますか。”

 

多くの高2生はそろそろ受講も終わり、新高3生として新しい講座を追加する時期に差し掛かってきています。

一体どれほどの人が、受験に対する『覚悟』をしっかり固めた上で、新高3生に向かえているでしょうか。

 

学年が上がることに対して、自分の中でどれほどの意味付けをできているでしょうか。

 

口だけでなく、1秒も無駄にしないで勉強すると、そう思えていますか。

親に支払ってもらう対価に対して、それに見合う勉強をしようと、そう思えていますか。

 

本当に行きたい大学に対して、本当に目指させてくださいと親に頼めるほど、受験に対して真摯に向きあえていますか。

 

それくらいの『覚悟』をもって受験に向きあうことができれば、来年の今頃、成長を実感できると思います。

生ぬるい『覚悟』で受験に向きあうことをしてしまえば、来年の今頃、路頭に迷います。

 

どちらを選択するかはみなさんに任せますが、僕は前者をオススメします。

そして、今日面談した生徒たちは、前者であったと確信しています。

 

もちろん『覚悟』だけで合格は勝ち取れません。

覚悟』というものは、合格への必要条件ではありながら、十分条件ではないからです。

 

それでも、その必要条件すらままならない人も、多いのではないのでしょうか??

多くの新高3生が、受験に対する『覚悟』を固めた上で、勉強面だけでなく人間として成長できればこの上ない喜びです。

 

 

 

 

担任助手3年 原 礎