受験期の苦い思い出① | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 11月 11日 受験期の苦い思い出①

こんにちは、担任助手3年の鈴木美帆です!

本日は受験期の苦い思い出について

(もう3年も前の話にはなりますが、、、)

いろいろお伝えできたらなと思います!

 

まず一つ目は父親に大大大激怒されたことです。

東進に入ってすぐにあった模試、合格得点にはまだまだでしたが英語が30点伸びて大変喜んでいました!

しかし父親に見せるや否やこんなんで受かるのか!と大激怒

褒めてほしかったのに、、、と当時の私は大変傷ついた上に、

追い打ちをかけるよう、次で伸びなかったら東進やめろ!と言われてしまいました、、、

しかし逆にこの最後の一言で、”辞めてたまるか”と勉強への姿勢・やり方を見直すきっかけとなり、

おかげで次の模試ではなんとか目標得点に到達し、最後まで頑張らせてもらえました!

 

二つ目は本番直前に一人でいた時です。

私は高校が同じ仲のいい友達と東進に行っており、ずっと一緒に頑張っていたのですが、

本番が近付くにつれ、中々話さなくなりました。

決して仲が悪くなったわけではなく、学校が無くなったことでほとんど会えなかったのです。

本番直前のプレッシャーや辛い事を話したいけど、友達の勉強時間を割くわけにはいかない!と

辛かった思い出があります。

しかし私の本番前日に友達がメッセージ付のチョコをくれて

本当にうれしくて、それを持って本番に向かったのを覚えています。

 

受験直前になればなるほど己との戦いになっていき、ストレスや悩みは尽きなくなると思います。

友達とお話ししすぎて勉強時間が無くなるのは良くないですが、溜め込みすぎるのも良くないです。

そんな時は溜め込まずに、同じ経験をした私たち担任助手の人に相談してみて下さいね!

 

更新者:昭和女子大学 鈴木美帆