受験期の苦い思い出② | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 11月 12日 受験期の苦い思い出②

こんにちは!担任助手1年の上田です。

受験生の皆さんは、共通テストまで残すところ2か月となりました。

悔いのない1日を過ごしましょう。

 

 

 

さて今回は、『受験期の苦い思い出②』について話します!

 

私の苦い思い出は、高3の夏休みに勉強しなかったことです、、。

 

高3の夏休みというと、

「受験の天王山」

「夏を制するものが受験を制す。」

と言われ、

非常に重要な時期であることは皆さん知っていると思います。

実際その通りで、

大体の受験生が夏休み終わりの模試で大幅に点数を上げてきます。

 

私はそんなにも重要な時期に勉強しませんでした

1日1時間から2時間勉強するかしないかの生活を30日近く過ごしていました、、もちろん東進にも行きませんでした、、。

うわ、やばくね?って思う人が大半だと思います、、。

 

当然の結果ですが、

夏休み終わりの模試は全く伸びず、他の受験生は伸びているため、志望校判定と偏差値を大幅に落としました

そんな状態になって、浪人してもいいやと思っていた自分をたたき直してくれたのは、当時の担任の方でした。

受験が終わって、「よく受かったな、正直あかんと思った。」と言われたのを覚えています(笑)

 

周りとの大きな差がついた状態での残り5か月の期間、精神状態は最悪でした。

「本気に勉強に向き合うのがもっと早かったら、、」

「友達はもう志望校対策に入っているのに、私はまだ日本史の受講をやっている、、」

「間に合わないんじゃないか、、」

「落ちるんじゃないか、、」

 

苦い思い出です、、。

 

 

誰にでもさぼりたくなる時はあるのかと思います。点数伸びないし、遊びたいし、、。

でも!!

さぼることは、今までの自分の努力を無駄にする行為であり、これからの自分にとっての大きな痛手です。

受験には期限があります

スタートは異なってもゴールは同じなんです。

だったら、早くにスタートをきって、休むことなく進み続けていたら、誰も追いつけません!!

 

「第一志望校に行きたい。」

という気持ちを原動力にして、勉強に向き合い続けてください。

応援しています。

 

更新者:立教大学 上田愛優美