受験本番までの理想的なスケジュール | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 4月 27日 受験本番までの理想的なスケジュール

全国の受験生のみなさん、こんにちは!

新型コロナウイルスで大変な状況のなか、皆さんはどのようなおうち時間をお過ごしでしょうか?

大学受験に向けて勉強しているみなさんはしっかりできていますか?

このような期間では勉強量の差ができやすいので、サボっていては絶対だめです!

かといって長時間ぶっ通しで勉強するのは大変だし効率が悪い!

休憩がてらに長期的な勉強の計画を立ててみるのも大切です!

ということで、東進の受験生は受験本番までのラスト1年をどのように勉強するのかを紹介したいと思います!

おおまかな流れは画像の通りです。

理想的なスケジュールでは、高2のうちに全範囲の基礎が完成、高3の春は共通テスト対策(センター過去問)をしつつ難易度高めの学習や理科社会の全範囲の修了を目指します。

ここまででインプットは一通り終わらせます。

その後、高3の8月までには志望校の過去問を10年分一周し終え、9月以降は志望校対策として過去問演習で見つかった課題・弱点を補強しつつ志望校合格に向けて演習を積みます。

受験本番に向けて知識を的確に速くアウトプットする練習を積み、培った学力が点数にしっかり現れるようにたくさん問題を解きます。

 

東進の受験生の理想的な勉強計画はこのようになっています。

みなさんは自分の長期的な計画を立てているでしょうか?

日々の計画は少し遅れてしまったりして立て直すことがありますが、

1年間の計画は遅れたら取り返しのつかないことになります。

こういった年間計画を意識しながら勉強して、受験を絶対成功させましょう!!