受験生のうちにしておけば良かったこと Part2 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 10月 7日 受験生のうちにしておけば良かったこと Part2

こんにちは!担任助手1年の長森雄哉です!

 

いよいよ共通模試まで100日を切ろうとしていますね。

 

受験生の皆さんも低学年生の皆さんも、

1日1日を大切にして勉強していきましょう!

 

今回のテーマは

『受験生のうちにしておけばよかったこと』

ということで、

大学生になってちょうど半年が経ったいま

思っていることについて

2つのポイントに分けて書いていこうと思います!

 

① 英語の勉強について

皆さんご存知のように、

大学受験の勉強では主に

リーディングとライティングが重視されますよね。

なので自ずと英語の受験勉強も

リーディングとライティング

に偏りがちだと思います。

しかし大学生になると

英語でディスカッションやスピーチをしたりと、

スピーキングやリスニング

の能力もかなり求められるようになります。

自分はいまちょうどこれに苦戦しています、、

高校生のうちにシャドーイングなどで

リスニング、スピーキングもある程度できるようになっていたらな

と思うことが多々あります。

 

② 直前期の勉強について

これから直前期に差し掛かろうという時期ですね。

直前期、自分の場合はやれていないことや

周りの優秀な友達に目が行ってしまい、

いろいろな教材に手を出してしまって

中途半端で終わってしまう

ということがよくありました。

受験勉強では、どんな教材を使うかということよりも

どれだけ深くその教材を理解できるか

ということのほうが重要だと思っています。

皆さんには

担任や担任助手の方々と決めた予定を完遂すること

をとにかく優先してほしいです。

 

皆さんには、僕の反省点を反面教師にして

自分の受験生生活に活かしてもらえたらな、と思います!

 

後悔はどうしても残ってしまうものではありますが、

なるべく減らしていけるように

残り半年、最大の努力をしていきましょう!

 

本日の投稿者:東京大学文科2類 長森雄哉