受験生の時にしておけばよかったことpart3 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 10月 8日 受験生の時にしておけばよかったことpart3

雨が降ったりやんだり、暑くなったり寒くなったり、不安定な天気が続いていますね。

今日はマフラーを巻いて登校した生徒がいて、ほっこりした気持ちになりました。

季節の変わり目は特に、体調管理に気をつけて過ごしましょう!

 

さて、今回は前回に引き続き「受験生の時にしておけばよかったこと」についてご紹介します。

私がお伝えしたいのは2つです。

 

1つ目は担任助手と仲良くなること!

私は受験生時代、自分の担当担任助手としか話したことがありませんでした。

するとどうなったか。

試験当日、毎年担任助手が生徒の受験会場へ応援に駆け付けるのですが、

「あっ東進で見たことあるな…」と思いながら私は気配を消して会場に向かっていました。

せっかくなら仲の良い担任助手に励ましてもらって、

「わ~〇〇さんが来てくれた!よーし気合い入れて頑張るぞー!」と意気込んで会場に向かいたいですよね!

理由はそれだけではありません。

東進渋谷駅西口校の担任助手は強者ぞろいなのです。

関東圏の難関大学を網羅した担任助手軍団を、生徒の皆さんにうまく利用してほしいのです…!

問題はもちろん、進路や効果的な勉強法についても、十人十色の様々な意見を聞いてみて下さい。

必ず親身になってくれるし、生徒の皆さんの合格を誰よりも応援してくれる頼もしい先輩方です!

 

 

2つ目は、受験直前期の計画を前もって立てておくこと!

めっちゃ大事です、なぜなら私は実際それで困ったからです。

受講、過去問演習、単元ジャンル別演習…色々な東進のコンテンツを、皆さんは担任助手と一緒に予定を立ててやってきたと思います。

でもそれって、万が一予定がずれた時のために少し余裕を持たせて作られたスケジュールではありませんか?

私は真面目で優秀な生徒だったので、担任助手と立てた予定表通りに全てをこなし、ついにやることがなくなってしまったのです(もちろんそんなわけはないはずなのに…!)。

いざ受験の前日となると、案外何をすればいいのかわからなくなってしまうものです。

前日だから何か特別なことをしないといけないのでは…?と思ってしまうからでしょうか。

大切なのは、前日であれ当日であれいつも通りの勉強をいつも通りこなすことです。

そのために、直前期の予定は前々から余裕を持って立てておいて、これさえこなせば大丈夫なんだという自信を持って過ごすことが重要です。

 

私の経験が皆さんのお役に立てばと思います。

ところで今日は、共通テストまで残り100日のようですね!

気を引き締めて、でも時々ちゃんと息抜きもして、残り数カ月の受験生活を楽しんでください!

 

本日の投稿者:早稲田大学政治経済学部政治学科1年 吉田菜々穂