大学生活で頑張っていること  星野想太 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 12月 6日 大学生活で頑張っていること  星野想太

みなさんこんにちは!担任助手1年の星野想太です。

もう12月も折り返しですね。

POSに出ている残り日数が少なくなってきているのは見なかったことにして、引き続き自分のやるべきことに専念していきましょうね。

余談ですが、僕の友達はPOSに表示される残り時間を利用して、カップラーメンの3分を測っていました。

「秒数まで出るから、正確に測れる」とのこと。 スマホでよくない?

少しクスッとしたところで!今回は僕が大学で頑張っていることを紹介したいと思います。

僕は現在、主に学祭の委員と、公認会計士の資格の勉強を頑張っています。

学祭の委員は、高校の友達に誘われて始めたのがきっかけです。

今年はコロナのせいで人に会えそうにないし、知り合い増えそうでいいかなと何となく委員になりましたが、実際は仕事が大変で、ついこの前までヒーヒー言ってました。

僕が通っている一橋大学の一橋祭(いっきょうさい)は、毎年11月の下旬に開催されています。

今年はコロナの影響でオンラインでの実施となりましたが、それでもとても充実したものとなりました。

公認会計士の資格勉強の方は、正直頑張っていると言えるほど本腰を入れられていません。

6月ごろに勉強は始めましたが、委員の仕事など色々な事との両立が難しく、中々大変です。

勉強とその他学校行事などとの兼ね合いという面では、皆さんと一緒ですね。

本当は一橋祭委員は今年で辞めて、来年は資格の勉強に専念しようと決めていましたが、本祭当日があまりにも楽しかったので、どっちも続けようかななどと悩んだりしています。

今まさに悩んでいる状態なので偉そうなことは言えませんが、こういう重要な選択に迫られた時は、やらないで後悔するよりも、やって後悔する方がいいというのが持論です。

受験生の皆さんにも、これは当てはまることなのではないかなと思います。

受験本番まで、いよいよラストスパートに差し掛かってきました。

悩んでいる暇はありません。

迷ったら、とにかくやってみる勇気を忘れずに。

かっこよく締まったところで!今日はこの辺で失礼します。体調管理に気をつけてお過ごしください。

 

本日の投稿者:一橋大学1年 星野想太