担任助手夢紹介 ~Part1 鈴木編~ | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2015年 6月 9日 担任助手夢紹介 ~Part1 鈴木編~

こんにちは!!担任助手2年の鈴木です!

今、校舎では高1・高2生を対象に中国清華大学短期留学のエントリーを受け付けています。

 

この、清華大学短期留学は、エントリーをした後に課題作文を提出して申込みとなります。

課題作文のテーマは

1.あなたの夢・志は何ですか。あなたの夢・志の実現が、社会にどのような影響を与えますか。

2.あなたの志を実現するために、何をしてどのように生きていきますか。

3.これからの世界、及び中国、アジアとどのように関わっていきたいですか。

の3点を盛り込むことになっています。

今も、多くの生徒がエントリーをし、自分と向き合って課題作文を書きあげています!

 

そこで、6月は渋谷駅西口校全体として、「夢と志を見つける・磨く」をテーマとしています!!

ブログでも、本日より担任助手の夢・志を毎日紹介していこうと思います。

 

第一弾となる今日は、東京工業大学工学部電気電子工学科2年鈴木亘がお話します。

 

私の夢は、第一に「今はない技術で、持続可能な人類の生活の豊かさを実現する」ことです。

僕が大学で学んでいることは、科学技術を人々の生活、地球環境のために応用する工学の中でも、応用範囲の広い電気電子工学の分野です。

今日、日本で生活していると電気があるのは当然で、お金があればいくらでも無尽蔵に買えるような気すらしてきます。

しかし、電気は様々な方法でエネルギーを利用できるというメリットのために変換されているだけであり、その総量は無尽蔵ではない、というのは当たり前のことです。

自分だけでなく、多くの人がこの先長い時間をかけて、できることならばずっと豊かな生活ができるようなお手伝いができるならばと思っています。

限りある資源を最大限有効に活用できるような技術やモノを開発し、さらには今よりも毎日の人々の生活がより面白味のあるものになるようにすることが私の夢です。

 

そして、第二に「科学技術開発分野が日本の誇れる分野であることを多くの人が再確認するようなことをする」ことです。

日本の高度経済成長を支えた科学技術の分野も、今は隣国の韓国や中国の勢いに押され、やや存在感が薄くなっているような気がします。

しかし、今も日本の科学技術は誇れるものであり、それを多くの人が知るようにしたいという気持ちがあります。

これは日本国内だけでなく、世界中に発信していきたいです。

 

これらの夢を実現するために、今は専門の勉強はもちろん、英語やコミュニケーションやプレゼンテーションの勉強をしています。

つまらない理系人間になってしまわないように、関心のある文化人類学も少し勉強していたりします。

 

もっと詳しく聞きたい方は、ぜひ、受付で私を捕まえて聞いてください!!

明日は今野担任助手が紹介します!! 

 

担任助手2年 鈴木亘