数学の勉強法 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2017年 12月 7日 数学の勉強法

みなさんこんにちはこんばんは、担任助手の長野です。

今日私が話すのは、数学の勉強法です。

とはいえ数学の勉強の仕方なんて人それぞれやろって感じですよね、私もそう思います。

まぁでも勉強法に悩んでいる人がいるかも知れないので一応語ります。

 

まずは高3へ

受験生の人はこの時期過去問演習をやっていると思います。私が皆さんに気をつけてほしいのは、他教科との配分です。

数学の過去問演習には時間がかかります(特に理系)。1年分を解いて復習する時間も含めると、それなりの時間を要してしまいます。

しかし、皆さんは理科や社会など、他にも様々なやるべきことがあります。センター前の今の時期ならなおさらです。

「数学の過去問に時間を取られて無機化学が覚えきれていない!」みたいな状況になったら大変です。

ですので過去問演習をする際に気をつけてほしいことは、復習に時間をかけすぎないことです。

復習をする際、なにも完全解答を作る必要はありません。問題を見て、解答の方針が立ち、答案に書くことが思い浮かべば良いのです。間違えた問題でも、解説を見ただけで容易に理解できるようであればそれでいいのです。

志望校の配点などを鑑みて、もう一度自分の勉強を見直してみてください。

 

高1,2生へ

今、低学年の皆さんは問題の解き方などをインプットしている最中だと思います。まだ数学の勉強法を確立できていない人も多いのではないかと思います。

しかし、数学の勉強法は早めに確立することが大事です。そうすることで、これからの1年間、もしくは2年間の勉強がとても効率的なものになります。

ここで私から色々とアドバイスしようかと思ったのですが、公開授業があるから志田先生に聞けばええやんって思ったのでそうします、そうしましょう。

ということで低学年の皆さんは是非志田先生の公開授業に参加してください。宣伝文句は様々な人から聞いたり過去のブログなどで聞き飽きていると思うので私からは1つだけ。

出るのと出ないのとでは今後の勉強効率に絶対的な差が出ます。

ですので数学を受験で使う皆さんは必ず参加するようにしてください!

おしまい

 

担任助手1年 慶應義塾大学1年 長野