文理選択について Part 3 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 10月 17日 文理選択について Part 3

こんにちは!担任助手1年の長森雄哉です!

 

共通試験本番まであと3か月ですね、、!!

受験生の皆さんは悔いの残らぬよう

集中して勉強に取り組んでいきましょう!

 

低学年生の皆さんは年度が替わり

新学年になりましたね!

同日模試での目標点を達成できるように

ここで気持ちを引き締め直していきましょう!

 

さて、今回のテーマは引き続き

文理選択について

です!

 

文系、理系どちらにするか

というのは大きな選択ですよね。

大学で学べることも大きく違ってきますし、

将来の職業についても

少なからず変わってきます。

 

僕の場合は高1~2頃に、数学が苦手だから

という理由で文系に決めましたが、

いまでは少し後悔をしています。

当時は情報系や宇宙系の理系分野に

興味を持っていたにも関わらず、

志望校だった東大には

文系のほうが行きやすいかなと思い

短絡的に選んでしまったからです。

 

文理の選択について悩んでいるのは、

低学年生(新受験生も含む)の方が多いと思います。

僕と同じように消去法的に選択をしよう

としている方もいると思いますが、

受験までまだ比較的時間があるいまからなら

苦手分野は克服できます。

 

大学で学びたいこと、将来やりたいこと

を優先して選択したほうが、

受験勉強のモチベーション維持にもなりますし、

将来的に自分の選択に満足がしやすいかと思います!

 

僕以外にも2人の担任助手が

文理選択についてブログを書いてくれています!

いままだ決めかねているよ、

という人はぜひ見てみて下さい!

 

本日の投稿者:東京大学文科2類1年 長森雄哉