東京大学ってどんなとこ? | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2013年 6月 3日 東京大学ってどんなとこ?

みなさんこんにちは!
担任助手1年の鷲見昌子です^^

今日は先日の橿渕担任助手に引き続き、自分の大学について話そうと思います。

私が通っているのは東京大学です。

東工大と少し似ていますが、東京大学でも入学時に学部がはっきりと決まりません。
1年生と2年生は文理問わずみな教養学部前期過程に入学します。
もちろん入学時の科類ごとに必修・準必修の授業は異なりますが、
文系でも理系の授業を、理系でも文系の授業をとれる、というよりとらなければいけません。
現に私は文系ですが、工学部の教授が開講する授業を受講しています。
そしてこちらも東工大と似ていますが、2年の夏学期までにいい成績をとっておかないと
希望の学部に進学できません・・・。これを進学振り分け、略して進振りといいます。

ということをお話しすると、なんだか勉強ばかりしなきゃいけない大学なのかなと感じられるかもしれません。
確かに勉強は大変ですが、その一方で普通の大学生らしく、みんな遊び・サークル・バイトなど、自らのやりたいことも真剣にやっています。

東京大学に入ってよかったなと思うことのひとつに、人との出会いがあります。
東大でできた友人はみな、尊敬すべきところがたくさんあります。
頭のいいことはもちろんですが、それ以上にみんな、要領がよくて欲張りです。

東大の入学試験はすごく科目数が多くて時間制限が厳しい。
それは東大が、天才じゃなくて、要領のいい人を求めているということ。

わたしもまだまだたくさん成長しなければいけないなと日々実感させられます。

もしまだ大学が決まっていない人がいたら、私は自分の大学をすすめます。
東大では、日々の友達づきあいも自分の成長のきっかけになります。
受験はゴールじゃなくて、成長のはじまりだったな、と今あらためて実感します。

まだまだ話したいことはあるのですが、長くなりそうなのでこのあたりで。
話をもっと聞きたいという方はぜひ校舎に訪れてください!まっています♪