東京理科大学ってどんなとこ? | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2013年 6月 11日 東京理科大学ってどんなとこ?

こんにちは!

東進渋谷駅西口校担任助手の松島賢吾です。

今日は東京理科大学理学部化学科について紹介したいと思います。

 

まずは、キャンパスについてです。

理学部化学科は神楽坂にキャンパスがあります。

しかし、このキャンパスにはグラウンドがない!!

なんで体育の授業などは地下の体育館でやっています。

部活などは理科大の他のキャンパスに行ってやったり、場所を借りてやっています。

まあ、いかにも理系の学校って感じですw

 

次は、学生についてです。

皆さんもご想像の通り、チェックのシャツを着ている人が多いです。

それに、文化系っていう人も多いです。

しかし、教室の雰囲気は常に明るいです。

それに、理系の話も盛り上がるんですが、僕が野球の話をすると

俺も野球部だったよ。」 「中学までは野球部だった。

って人が結構います。

なんで、理科大でも運動部だったって人も多いです。

 

最後は勉強についてです。

一言でいうと難しいw

テストもしょっちゅうあって、常に勉強している感じです。

でも、みんな化学が好き得意ってことできてるので、

難しい問題もみんなで協力して、誰かが解いてくれます。

テストもみんなで過去問を回し合っています。

理科大の勉強みんなで協力が第一です。

 

ここまで理科大の事を書いたんですが、僕が言いたい事は

理科大って楽しい

ってことです。

もし、これを読んで興味がでたら、是非理科大について調べてみてください!!

 

明日は、同じ一年の川西担任助手に千葉大学について話してもらいたいと思います。

よろしく!!

                                                松島 賢吾