模試後の復習方法part1 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 10月 26日 模試後の復習方法part1

みなさんこんにちは!担任助手1年の山城孝太です。

本日は、「模試の復習方法について」お伝えしていきます!

 

まずは、みなさん昨日は全統模試お疲れ様でした!

長丁場かつ休憩も短く、終わった後は疲れも出てきたのではないでしょうか。

 

さて、模試が終わった後、みなさんは何をしていますか?

少し質問が大雑把になってしまいましたが、模試の復習はぜひぜひ大切にしたいものです。

 

まずは、今回の模試で間違えたところを自分で考え直す→解答・解説授業を見て勉強する→解答を見てもわからない部分があれば講座テキスト・教科書を見て復習する

という流れで復習をしてみましょう。

そしてさらにそれが終わってからやってほしいことがあります。ここが重要だと僕は思ってます。

それは数日後に解き直すことです!

数日というのは、だいたい問題の内容が若干忘れてくる頃。。。結局あいまいですね(笑)

なぜこれをやってみてほしいか、理由はしっかりあります!

共通テストは時間との勝負になる科目が多いですよね。

「時間があれば解き終わるけど時間がなくて解ききれなかった!」という人も多いと思います。

そういう方にこそぜひやっていただきたい!

模試を一通り復習して理解した状態でもう1回解いてみれば模試本番の時と比べてはるかにスピードが上がりますよね。

そうすれば解ききることができるのではないでしょうか?

これの大事なところは

「解ききるにはどれくらいのペースで解けばいいのかが身をもって実感できること」です!

これまで模試を解いてきてずっと解ききれていなかった人は、

そもそも解き終わるイメージをもっていないのではないでしょうか?

それではなかなか自分の解くスピードをどれくらい上げていけばいいのかわからず、

せっかくの伸びしろがもったいないです。

またもう一回解き直すことで

本当に模試の出題範囲をしっかり理解できたのか確かめられるという効果ももちろんあります。

本当におすすめですのでぜひやってみてください!

長くなってしまいましたが、これだけ復習は大事なんだなと伝わってくれればうれしいです!

 

それでは今日からまた頑張っていきましょう!