歴史の勉強ってどうすればいいの? | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2021年 7月 11日 歴史の勉強ってどうすればいいの?

こんにちは、担任助手2年の長森です!!

最近急に暑くなりましたね…夏バテしないように体調管理に気をつけていきましょう!

さて、今日のブログのテーマは

”歴史科目の勉強法”

についてです。

なかなか単語が覚えられないと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

ここでは斬新な勉強法!というのを紹介できるわけではないですが、

日本史・世界史の勉強を進めていくにあたっての原則

を紹介していきたいと思います!

歴史科目では、最初から細かい単語まで覚えていくのではなく、

まずは大きな流れと基本単語

を抑えていくことが大切です!

ここで骨組みをしっかりと作り上げておくことで、

後々志望校に応じた肉付け(記述演習やより細かい単語など)

がとても楽になります。

東進でいうと

スタンダード世界史や難関日本史の講座

がこの段階にぴったりかなと思います!

 

肝心の暗記についてですが、

ここに関しては忘れていくよりも多く・早く覚える

これに尽きます。

1周や2周で覚えきるということはかなり難しく

その単語を次に見るまでの期間をなるべく短くすることを意識していくことが重要です!

この時に流れを抑えられていないと、

意味のわからない文字列を覚えようとすることになり

かなり効率が下がってしまうので、

頭の中で意味づけと関連づけができるように

まず流れを抑えてから単語の本格的な暗記に移りましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!毎日ブログ更新をしていくので、ぜひこれからも覗いてみてください!

 

今日の更新者:東京大学文科2類 長森雄哉