私の受験と名言 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2013年 5月 3日 私の受験と名言

こんにちは!昨日の鈴木駿さんに代わりまして、私有村季恵がブログを書きたいと思います^^

今日のテーマは好きな偉人の名言とそれにまつわるエピソード

というなにかものすごいテーマです。(笑)

私が受験生時代に使っていたある参考書に

「世間がきみにはできないということをやってのける。それが栄光だ。  バジョット」

という名言が載っていました。

模試でなかなか結果が出ず、苦しいときにこの名言に出会い本当に勇気をもらいました。

そしてそれ以来気持ちを前向きに切り替えて勉強を頑張りました。

栄光を手に入れたのはいいのですが、バジョットって誰!!

とずっと気になっていたので調べてみました。

 

「ウォルター・バジョット」は、イギリス・サマセット州(イングランド)出身のジャーナリスト評論家経済学者思想家。25歳の時、パリへの旅行中にルイ・ナポレオン(ナポレオン3世)のクーデターを目撃し、この体験がきっかけとなり、エドマンド・バーク(英国の哲学者・政治家)の保守主義の政治思想に傾倒するようになる。また、ウォルター・バジョットの代表著書でもある『イギリス憲政論』は、君主制擁護論として、バークの『フランス革命の省察』に次ぎ、政治学の古典ともなっている。                              {地球の名言 より}

すごい人ですね。

明日は原 礎担任助手が体育祭の思い出と行事と勉強についてのブログを更新してくれます。

とても面白いブログになる予定なのでお楽しみに!!\^0^/