私の夢・志① ‐下崎彩夏‐ | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 6月 1日 私の夢・志① ‐下崎彩夏‐

本日から担任助手により、10回にわたって連載される、「私の夢・志」リレーが始まります!

記念すべき第1回目は、私、下崎が担当致します!!

 

「あなたの夢はなんですか?」

私が東進に入って、最初に聞かれたことです。

私は迷わず「看護師になって世界中の人を助けたい」と答えました。

 

私が、看護師に出会ったのは小学生の時でした。

幼い頃に病気を患い、一人で入退院を繰り返すなかで勇気を与えてくれた看護師に大きな感銘を受け、

看護師になりたいと思うようになりました。

 

その後、高校交換留学などを通して私には大きな夢ができました。

「看護師・助産師として世界の医療格差の改善に貢献したい」という夢です。

 

きっかけは高校生のときに国境なき医師団の助産師の方が書かれた本を読んだことです。

世界の実情に驚愕すると同時に、私も主に発展途上国の医療に携わりたいと強く思うようになりました。

 

発展途上国では衛生環境の悪化や栄養不足が深刻で、生きる権利を持つ人たちが命を落としています。

本には、片足を失っても、家族を失っても、笑顔で写真に写る人々の姿が写真になって載っていました。

その笑顔を守りたい。

尊い命が、無条件に失われてしまうことを防ぎたい。

これが志となって、受験期の私を引っ張っていってくれました。

 

私は高校生の頃にこの夢・志を抱いたからこそ、辛いことの多い受験勉強も乗り越えられた気がします。

 

 

夢は、様々な困難や壁を乗り越える大きな原動力になります。

 

高校生で時間のある今だからこそ、是非、自分の夢や志について考えてみてください!!

 

そして低学年の方々は「夢・志作文」に取り組む時、参考にしてみてください!