私の夢・志⑥ -長森雄哉- | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 6月 6日 私の夢・志⑥ -長森雄哉-

こんにちは!担任助手1年の長森雄哉です!

今日で6日目となる「私の夢・志」リレーですが、今日は僕が担当させて頂きます!

 

「私の夢・志」とは言ったものの、僕は実はまだはっきりと決めることができていません。今回は今まで書いてくれた5人の皆さんとは少し趣旨が変わってしまいますが、僕のような夢や志が明確に決まっていない生徒の皆さんに向けて、どのように自分が大学や学部を決めたのか、モチベーションをどのように保っていたのかを書いていきたいと思います。

 

まず自分の第一志望の大学や学部を決めるにあたって、いろいろな大学の学風や制度、学部についてを詳しく調べました。その中で、東大の進学振り分けという制度に興味を持ち、様々な分野である程度専門的なことを学んでから学部や将来の夢を決めていきたいと考えていた自分に合っているかなと感じ、当時の自分の学力的には厳しかったですが第一志望校を決めました。学部に関しても、調べていく中で社会の仕組みを考えていく経済学部に興味を持って文科2類に決めました。

大学や学部を決めていくにあたって、色々な大学や学部に関して知識をつけて判断するということがとても重要になります。その中で夢や志とは言わないまでも何か興味を持てる分野を見つけ、それを勉強できる学部を自分の目標にしていくといいと思います。

モチベーションの維持に関しては夢や志に基づいてできればそれに越したことはないですが、目指す大学の学風や制度、自分が興味を持った学部に進みたいから、など他のことを目標に維持をしていくことができると思います。僕は進振り制度が主にモチベーションになって勉強ができていました。

 

少し長くなってしまいましたが、僕が伝えたかったのは自分で調べて大学や学部についてじっくりと考えていくことの大切さです。その結果たとえ将来就きたい職業や志が決められなかったとしても、間違いなく以前とは違う形で勉強に取り組んでいくことが出来るようになると思います。

夢・志について決められず悩んでいる生徒の皆さんは、一度この機会に考える時間をしっかり取ってみてください!最後までお読みいただきありがとうございました!