第一回センター試験本番レベル模試 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2013年 2月 24日 第一回センター試験本番レベル模試

今日は第一回センター試験本番レベル模試が実施されました!

新高校2・3年生にとってはまだまだ難しい科目もあるセンター模試ですがみんな復習はどうしているんですかね。

そこで今日は模試や試験を受けただけで終わらせないためのちょっとしたアドバイスをしてみたいと思います。

Point

自己採点はできるだけ早く!できれば当日中!!!

生徒A「明日頑張ります。」

生徒B「疲れてるんで休ませてください。」

生徒C「全然できなかったんで採点したくないです。」

駿「当日でなければいけない理由、それは・・・興味が薄れてしまうから!

生徒A・B・C「・・・??????」

駿「要するに勉強は興味があるかどうかで効率が変わってくるということです。

よくある一昨日の晩御飯は?という質問とかもそうですが興味がないことはすぐに忘れてしまいます。逆にゲームのコマンドなどは興味があることなので短時間で覚えられます。

これを試験に当てはめると、試験が終わった直後は答えが気になってしょうがない問題が必ずあるはずです。そういった問題を当日中に復習することで

「あっ、答えはこれだったのか!!!」

という気持ちが影響し、興味が湧き、結果的に長期記憶につながるんです!

逆に数日してから見直した場合だと

「そういやこんな問題あったな~、こういう答えね~ふ~ん。」

みたいな感じであまり気持ちに影響しないんですね。

同じ復習でも開始時期によって差がでるのはわかってもらえたかな??

これからはみなさん「努力量×効率=結果」を意識してほしいです。

陰ながら応援しているので頑張っていきましょう!」

 

渋谷駅西口校 担任助手2年 鈴木駿