苦手科目から得意科目へ~筧編~ | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2014年 10月 10日 苦手科目から得意科目へ~筧編~

 

こんにちは! 19歳の誕生日を明後日に控えた筧です。

去年の誕生日はちょうど受験までを100日きったころ…日々精神をえぐりながら生活していた覚えがあります。

私の友人には、受験当日が誕生日なんていう子もいました。

受験生にはクリスマスもお正月もないと思いますが、いろいろな誘惑に負けることなく、戦い抜いてほしいと思っています。

 

 

さて、今日は苦手科目から得意科目へというお話ですが、私の不得意科目は間違いなく英語でした。(高3の4月はセンター試験で75/200)

しかし、行人くんが英語を得意科目にする方法については紹介してくれました!

 

そのため、今日は私が受験直前にすごく得意だったと自信のある、

世界史について話をしようと思います。

世界史は高2の11月から勉強をはじめました。

大嫌いな科目ではなかったですが、正直知識はほとんど頭に入っておらず、

学習をはじめたときは覚えれば覚えるほど忘れていくので、本当に終わるのか不安になったりしました。

 

そのとき私が頼ったのが、とにかく歌とリズムで覚える!ということでした。

 

歴史には、流れをとらえれば覚えられるもの、考えればなんとかわかる問題もありますが、

とにかく論理もなにもないからひたすら覚えなくてはならない、というものもあります。

年号、王様の順番、似たような人名。

天津条約3つもあるの??領土の受け渡ししすぎじゃないか(ユトレヒト条約と1763年パリ条約のあたり)??

ディルハム銀貨とディナール金貨、どっちが金でどっちが銀かわからない。

スエズ運河とパナマ運河なんて場所全然違うのに、なぜかごっちゃになってしまう…等々。

(高3のみんなは当然わかってるよね??復習しておこう!!)

 

とにかく全部全部、無理やり好きな歌のメロディにあてはめて、覚えてしまいましょう!!

特に好きな歌とかバンドとか無いし…というあなた!!!童謡で大丈夫です!!

 

メロディにして覚えると、試験で緊張していても、心の中で歌うだけで自然と緊張がほぐれて、

度忘れしたりパニックになったりしないことが多いのです。

また、なにより忘れにくい!!

 

 

自分で歌をつくっておけば、お風呂の中などにテキストが持ち込めなくても、

歌うだけで復習できるし、時間を無駄にしなくてすみます。

また、歌なら多少苦手意識があっても、楽しくおぼえられるのではないでしょうか。

少し覚え始めると、関連付けて他の知識も覚えやすくなるので、どんどん世界史は楽しくなりますよ。

 

世界史は、暗記科目なので、覚えていれば安定して点の取れる、良い武器になります!

 

みなさんも是非試してみてくださいね。