過去問のペースについて 栗本史歩 | 東進ハイスクール 渋谷駅西口校 大学受験の予備校・塾 |東京都 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2021年 7月 25日 過去問のペースについて 栗本史歩

こんにちは!担任助手1年の栗本史歩です!

有意義な夏休みを送れているでしょうか。受験生は過去問演習に入っていると思います。

今日は私の過去問の進め方と復習の仕方について紹介します!

過去問って疲れますよね~。

だから私は一日にたくさん過去問をやるのではなく、毎日2つか3つを継続して進めていました

また、私立の過去問と共通テストの過去問の二週目を良い塩梅で解くようにしていました。

終わった後は、少し休憩してから復習を始めていました。

私は間違いノートを作っていて、過去問で間違えた問題は全部、そのノートにまとめるようにしてました。実際に問題を切り取ってノートに貼ったり、資料集を切り取って、貼ったりしていました。

また、問題の傾向を把握するための過去問でもあるため、大問ごとにこんな感じの問題が出る~と記録していました。

過去問は復習が大切なので、自分が一番しっくりくる効率の良い復習の仕方を見つけて、過去問マスターになりましょう!

 

過去問って始めるのがたいへんですよね~。

そんな皆さんにとても良いお知らせがあります。

8月1日から8月21日までの朝8時半から、渋谷駅西口校では、過去問演習会を行います!!

過去問演習会は良いことしかありません。

まず、朝早くから始まるので、その後一日たっぷり勉強できます。

次に、周りにもたくさん過去問解いてる生徒がいるので、互いに刺激し合って、本番のような雰囲気で過去問を解くことができます。

最後に、一定の演習量が必ず確保できます。

行かない理由はないです!

この夏、だれよりも演習量を積んで、最高の夏にしましょう!

 

過去の記事