過去問対策進んでますか? | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2013年 11月 28日 過去問対策進んでますか?

 こんにちは!

渋谷駅西口校の鈴木駿です。

いよいよセンター試験まで2か月をきりましたね。

さて、ここで受験生の方は自分の過去問演習の進行具合について考えてみてください。

東進では自分の第一志望の過去問10年分×3周をするように指導しています。

そこで今日は自分の状況を簡単に確認する例を挙げてみたいと思います。

 

【過去問演習計画の立て方】

★状況

東工大志望(現在過去問3年分が修了)

併願で早慶(各5年分×2周予定だが手つかず)

★例

①最低でも年内に第一志望の過去問1周を終わらせるとする。

②第一志望が残り7年分、年が明けるまであと一か月

③単純計算すると一週間で1.75年分の演習

④1年分の演習時間が10時間とすると一週間で17.5時間、一日2.5時間必要。

 

さて、ここまでの計算で気付くと思いますが、学校や模試、中間テストがあることなどを考えるとすでに追い込まれていることがわかると思います。

今回は一例として紹介していますがこのブログを見ている受験生は大丈夫でしょうか?

もしもこの例に近い人や、この例よりも遅れている人がいる場合はすぐに計画を立て直すことをおススメします。

過去問対策が中途半端に終わることは結果にかなり影響します。

過去問対策をしっかりやりきれば結果は必ずついてくるので、最後まで気を抜かずに頑張っていきましょう!

 

渋谷駅西口校

鈴木駿