1年前考えていたこと② | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 11月 20日 1年前考えていたこと②

みなさんこんにちは!

11月ももう中旬ですね!また、1日当たりの新型コロナウイルス感染者数も増えて来ています。

コロナだけではなく、体調不良を起こさないように、気をつけてほしいと願う日々です。

さて、今日は昨日に引き続き、

私がちょうど1年前受験生だったこの時期に考えていたことを紹介したいと思います!

この時期に考えることは本当に人それぞれだし、正解も特にないので、

ほんの一例だと思って呼んでくれると嬉しいです!

 

わたしは、10月末から11月初めにかけて自分の第一志望校の模試を受けたので、

その結果におびえていたり、出来ない自分を見つめてしまうことが多々ありました。

今思うと、なかなかに不安定な精神状態だったと思います。。

 

集中できない!と紛糾してしまったら、今日全国の受験生のうち2人抜かす!と、

漠然なイメージを立てて机に向かっていました。

1日に1人ずつ今から抜いていくだけで、二次試験までに100人も抜くことができます。

1日に2人ずつ抜くと、二次試験までに200人も抜くことができます。

こんな風にして、今自分が机に向かうメリットを、私なりに探していました。

 

また、自分が志望していた大学のカリキュラムなどを見て、受験後の生活を思い浮かべたりしていました。

(実際に、その当時考えていた資格勉強をいま実行しています!)

不安定ながらもポジティブに、何とか切り抜けていたという感じです。。

 

以上がこの時期考えたり意識していたことです!

受験生であれば、不安やいら立ちを抱えていてもおかしくない時期に入ってきていると思います。

メンタル面でも、何か校舎スタッフに相談したいこと、ただ聞いて欲しいことなど、気軽に声を掛けて下さい!

全力でサポートさせて頂きます!

 

明日もまた、同じテーマでお送りします!

 

更新者:慶應義塾大学商学部1年 本島満理奈