12月 勝負だ!!受験生!! 努力しようぜ!!新高3・2・1生!! | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2014年 12月 8日 12月 勝負だ!!受験生!! 努力しようぜ!!新高3・2・1生!!

 だんだんと寒くなってきてついついポケットに手を入れたくなる時期になりましたね。

こんにちは。担任助手の鈴木亘です。

 

今日は「12月」という月の重要性についてお話をします。

受験生にとっては12月は本番直前の運命の月、新高3・2生にとっては12月は今年一番努力する月です。

12月の後半には冬休みにも入り、10月、11月より確実に勉強に使える時間が増えます。

受験生は、1月になってしまうとすぐにセンター試験がやってきてしまうため、過去問を解き自分が理解していない単元の確認をすることができる最後の時間とも言えます。

志望校の問題で苦手なところやもっと極めたい分野があるなら、1分1秒を大切に、後悔しないようにしましょう。

 新高3・2・1生は来年、再来年には君たちが受験生になります。高い志、意識を持って受験本番までの1年・2年を過ごしましょう。

 

東進にいる生徒の皆さんは、学年に関わらず今年最大…いや、人生最大の努力をこの冬休みにしなければなりません。

毎日東進に来て、毎日勉強して、毎日「今日は頑張った」という満足感を積み重ねていきましょう。

 

さて、そのようにしてきた努力を測ることが出来る12月のイベントがあります。

①12月23日 最終センター試験本番レベル模試

②12月31日 英語千題テスト

 

センター試験本番レベル模試は、センター試験本番・センター同日体験受験前の最後の模試となります。

受験生にとっても、新高3・2生にとっても、非常に大事な模試となります。目標得点は必ず到達するよう、今からでも最大の努力をしていきましょう。

 

英語千題テストは、ほぼ一日を費やして英語の頻出問題千題を解く”受験版耐久レース”です。

基礎学力はもちろん、受験本番に必要な体力や集中力をも確認することが出来ます。

昨年私も参加しましたが、千題という膨大な問題をやりきることで自信をつけることが出来、また間違えてしまう問題を見つけて受験本番前に穴を埋めることが出来ました。

 

これからさらに昼も短くなり、寒くなり続けます。そんな寒さに負けないくらいの勢いで、熱く努力し、最高の冬にしましょう!!

 

 

担任助手1年 鈴木亘