2次試験・私大受験に向けて② 星野想太 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2021年 1月 25日 2次試験・私大受験に向けて② 星野想太

こんにちは!担任助手1年の星野想太です!

本日は、「2次試験・私大受験に向けて」というテーマでお送りします。

いきなりですが、最近の皆さんの心境はどうでしょうか。

国立志望の人は、共通が終わり、一山超えたという感じでしょうか。

私立志望の人は、いよいよ本番が間近に迫り、緊張してきている頃でしょうか。

志望校や状況が違えど、全員に共通して言えることは「ここからが本当の勝負」ということです。

共通テストが満足のいく結果だった人も、油断していると思いのほか簡単に追い抜かれます。

共通テストが満足のいく結果ではなかった人は、より一層切り替えて集中しなくてはなりません。

私立志望の人は、本番に向けて、今までの総仕上げの段階に入るでしょう。

どんな人でも、ここからの過ごし方、心の持ちようによって結果は大きく左右されます。

…差し出がましいですが、少し自分の体験談を話したいと思います。

 

自分は国立(一橋大学)志望でした。

成績もそこそこ良い方で、勉強もちゃんとしているつもりでした。

しかし、センター試験で大失敗をし、その成績は出願を懸念される「警告ライン」を下回り、絶望的な状況に陥りました。

今まで勉強を怠っていたわけでは全くなかっただけに、とてもショックでした。

しかし、センター試験の翌日から、一橋の勉強を再開しました。

志望校や出願校を変更した方がいいのではないかそもそも今やっている勉強は正しいのかどうか、頭に湧き上がる不安は多々ありましたが、それでも必死に一橋に受かるための勉強をひたすら続けました。

そうすることでしか不安を拭えないのもそうでしたし、何より今まで積み重ねてきたものを諦めたくない気持ちが強かったのです。

本当に、必死に勉強しました。

「同じ志望校のライバルは、センターで自分よりはるか優位にいる」という考えが頭にちらつくこともありました。それでも、「やるしかない。後悔は残したくない」という一心で勉強し続けました。

その結果、受験を全勝で締めくくることができました。

応援してくれていた周りの人たちの喜びようは今でも忘れません。

 

…長くなってすみません。

結局言いたいこととしては、本番までの期間必死になって勉強すれば、合格できるチャンスは十分にあるということです。

最後まで自分を信じて諦めないこと。これは綺麗ごとでもなんでもないです。

どうか自分の受験生活を、後悔のない形で終えることのできるように、今この瞬間から頑張ってください。

心から応援しています。

それでは!

 

本日の投稿者:一橋大学商学部1年 星野想太