センター試験お疲れ様でした! 【上智大学・羽藤宏太朗】 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2019年 1月 24日 センター試験お疲れ様でした! 【上智大学・羽藤宏太朗】

こんにちは!今回ブログを担当させていただくのは、担任助手1年 上智大学経済学科の羽藤宏太朗です!

皆さんセンター試験お疲れ様でした。受験生の方はいよいよ受験本番が始まってきたという印象でしょうか。また、高2.1.0生の方は自分で立てた目標を達成することはできたでしょうか。今回のブログでは試験後の過ごし方、そして結果の捉え方について書きたいと思います。

まずは受験生の方へ。

いざセンター本番が終わり、どういった気持ちですか?自分の実力が出せた人、実力以上のことが出せた人、また思うような結果が出せなかった人など様々いると思います。受付にセンター残り日数が貼られているように校舎全体で盛り上げてきたセンター試験ですが、そのせいかセンター後の受験生の気の緩みが多く見られます。センター試験は山場ではありますが終わりではありません。せっかくここまで集中して勉強続けてきたのにここで失速してしまうのはもったいなすぎます。今少しでも妥協してしまえば、いざ結果が上手いかなかったときこの時間を必ず後悔します。ここからの2カ月は皆さんの人生が決まる2カ月です。おおげさではありません。もう一度言います。ここからの2カ月は人生が変わる2カ月です。皆さんの笑顔の報告をお待ちしております。

そして高2・1・0生の皆さんへ。

本番で使われた問題を受験生と同じ日に解いた率直な感想はどうでしたか。また、目標点を達成することはできたでしょうか。合格登山ルートにおいて志望校のラインへ乗れるように常にモチベーション高く学習していきましょう。何度も言っていますが、模試で最も大切なのは受験後の復習です。特に同日模試はセンター試験そのままのため最も復習の意味があります。受験学年になったことを想像しながら完璧に復習しましょう。

最後に1つ。何かに迷った時、その先で後悔しないことを選択してください!妥協は慢性しか生みません。

「今」やるべきことを全力で!