悔いの残らない受験生活にしよう! | 東進ハイスクール 渋谷駅西口校 大学受験の予備校・塾 |東京都 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2021年 3月 12日 悔いの残らない受験生活にしよう!

皆さんこんにちは!

担任助手2年の轟木ありすです!お久しぶりです!

 

ありがたいことに受験を終えた生徒たちが沢山校舎に来てくれたので、ここ最近受験を終えたばかりのみんなとお話する機会が多くありました。

ちなみに渋谷駅西口校の生徒たちの結果はどうだったのか…気になりますよね!

詳しくは以前に更新されている「合格速報」に目を通してみてください!今年もすごいですよ…!

 

さて、合格発表の時期になると思い出すのは2年前の自分の受験の時のことです。

結果からいうと私は成功した受験とは言えませんでした。

第一志望の試験直後に思ったことは「もっと早くからやっておけばよかった」でした。

 

自分で言うのもなんですが、高3になってからは今までの自分とは違う人のように勉強をしていました。

どんな時でも開館から閉館までずっと東進で勉強し、家に帰ってから一日にやった勉強の総復習も欠かさずやりました。

過去問も第一志望を10年分を2周したし、ジャンル別の演習も結構使ったほうだと思います。

 

今あの当時のことを思い返してもこれ以上勉強はできないんじゃないかな、と思うほどでしたが、

結果的に第一志望の試験が終わったときあまりの手ごたえのなさに絶望を感じる結果となりました。

 

では私に何が足りなかったのか。それを考えてみると大きく2つあげられます!

 

勉強を開始するのが遅かった

そもそも受験勉強を始めるのが高3は遅かったかなと思います。

特に苦手な世界史に受験生のころだいぶ時間を割いてしまいほかの教科の取れる勉強時間がかなり短くなってしまいました。

もっと早くから本気出していれば…悔やんでも悔やみきれません。

 

志望校を決めるのが遅かった

高2の頃になんとなくで決めていた志望校。社会が嫌いだから、という理由で社会科一つで受験できる大学選んだ。そのくらいの理由でした。

そんな適当に決めていた志望校。そのための勉強を始めようとしていた高3の夏。

「あれ、なんでここ行きたいんだっけ。」

急にそのように考えだし、そこからやっと自分に向き合って本当に行きたい大学を探し始めました。

結果的に大学のレベルは下げたのですが、高3の夏にやっと志望校を決め、対策を始めるのは遅かったです。合格にはとどきませんでした。

 

 

このように早く受験勉強を始めること、早めに行きたい志望校を明確にすること、の重要性は本当に身に染みて感じました。

特に自分の担当生徒にはずっと言っていますが、受験勉強を始めるのに早すぎることは絶対にありません。

 

私みたいに受験生活に後悔を残してほしくないのでぜひ早めに本腰入れ始めてくださいね!!

ちなみに渋谷駅西口校ではスタートダッシュを切りたいという方におすすめの

新年度特別招待講習」を実施しています!

東進の講座を無料で体験できるものです! また、この時期には合格報告会や、受験に関する説明会など様々な大学受験に関するイベントも多くやっています!

×学力 渋谷駅西口校でどっちも身に着け第一志望に現役合格しましょう!

御申込はすぐ下の画像をタップしてくださればできます!

今日が3講座体験できる最後の日なのでぜひ申し込んでみてくださいね!!

渋谷駅西口校で待っています!!

 

本日の投稿者:慶應義塾大学文学部2年 轟木有里珠