文理選択について Part 2 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2020年 10月 16日 文理選択について Part 2

みなさんこんにちは。もう共通テストまで残り100日以下になりましたね。

受験生は今できる最大の努力量最強の集中力で勉強を頑張ってください!1分1秒も無駄にせず、後悔のないように本番を迎えましょう。

低学年の生徒は同日模試に向けて、周りに差をつけられるように全力で挑みましょう!

 

さて、そろそろ本題に入りましょうか。今回は文理選択についてお話します!高1、高2の生徒で今悩んでいる人もいると思います。

ちなみに、私はめちゃくちゃ悩みました。高2のときに、東進で前の校舎長の澤さんに相談したのを今でも覚えています(笑)

私は一番大事なのは、「大学で何を学びたいのか」だと思います。

将来の夢など決まっている生徒にとっては、それに向けて大学で何を学びたいのかはわかると思います。

なので、文理選択のときに是非、将来の夢を考え、大学で学びたいことを見つけてください。

しかし、文理だけで就職先が決まるわけではありません。理系に進んだが、文系職につく人もあれば、文系に進んだが、理系職につく人もいます。

もちろん、理系に進んだ人の方が理系就職は有利ですし、文系も同様です。

なので、将来の夢から逆算して文理を選ぶのが一番ですが、最も大事にしてほしいことは「大学で何を学びたいのか」です!

ちなみに、私はプログラミングが学びたいため、理系に進みました!

大学に通っている先輩方の話を聞くのも、より具体的な大学生の勉強のイメージがつくと思うのでおすすめです!担任助手にも是非話を聞いてみてください!!

 

本日の投稿者:慶應義塾大学3年 田村愛理