部活生受験勉強体験記① 【上智大学・羽藤宏太朗】 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ

2019年 5月 14日 部活生受験勉強体験記① 【上智大学・羽藤宏太朗】

皆さんこんにちは。担任助手2年の羽藤です。

今回のブログは部活生向けの内容となっています!

部活をやりながら、どんな心情で、どのように勉強していたかを書こうと思います。

自分が伝えたいことは、「後悔しない選択をしろ!」と言うことです。

 

自分はサッカー部に所属し、3年生の引退試合まで活動し、11月いっぱいで引退しました。

夏終わりの8月と最後の大きな大会が終わった10月に引退するポイントはあったのですが、11月まで活動していました。

なぜ受験を控えながらも最後まで活動したのかというと、ここでやめたら後悔すると思ったからです。

今やめたら、やれたのにやらなかったという思いが残り、勉強中に思い返してしまうだろうと思いました。

受験は結果論なのでこれが正解というものはありません。であれば、今後悔しない選択をするしかないのです。

 

また、これは続ける選択をしてから感じたことなのですが、最後まで活動して落ちて、後輩や同期から「部活やってたから落ちた」と言われたくないというのは、

大きなモチベ―ションとなりました。カッコつけるというのは聞こえがよくないかもしれませんが、1つの動機にはなるはずです。

 

ここまで精神面、特に引退後の話をしてきました。人に見られてカッコいいと思われることをしていれば基本後悔はしないと思います。

しかし、気持ちだけで受かるはずのないことは言うまでもありません。部活生は特に、周りの人に比べて時間が絶対的に足りません。

量が勝てないなら、で勝負するしかありません。学校への電車の中、家でだらだらする15分、学校の休み時間など、使える時間は意外と多くあります。

常に単語帳や一問一答を携帯し、時間さえあれば開く習慣をつけましょう。高3じゃないから関係ないと思っている高2生以下の人たちは考えを改めてください。

今やることが後で楽するコツです。早めにこのブログを見ることのできた人は、今からやりましょう。

 

自分がやっていた勉強法は、どの場所で何をやるかをあらかじめ決めておくことです。

例えば、行きの電車では英語の単語帳、学校の休み時間には世界史の一問一答、自習時間では数学の問題集などあらかじめ決めておけば迷う時間がなくなり効率が良くなります!

 

効率を求める勉強法は大学でも使えます。自分は大学でもサッカー部に所属しているのですが、テスト勉強との両立は受験期の勉強の体験が非常に役に立っています。

 

今後悔しない選択は、後の人生に大きな影響を与えます。我々スタッフは部活生も全力応援しています!!

 

東進ハイスクール渋谷駅西口校では

資料請求・体験授業・入学申込

受付中です!

各種お申込は下のバナーをクリックしてください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆**‥…各種イベント…‥**☆

★定期テスト対策特別招待講習受付中★

♪部活生特別招待講習受付中♪

 

!!全国統一高校生テスト!!