ブログ | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ 

2019年 12月 13日 冬休みの過ごし方

こんにちは!早稲田大学政治経済学部2年の須田です!

今日はもうすぐやってくる冬休みの過ごし方について、どうしたら有意義に過ごすことができるか低学年の方向けにご紹介したいとおもいます!

まず、自分が高校1・2年生だった頃を振り返って感じるのは、受験に対する意識や本気度が人によって大きく異なっていたなという事です。

高校3年生になったらもちろん全員受験を意識して、当たり前のように一日何時間も勉強をします。

そのような状況に置いては自分だけでなく周りもひたすら勉強をしているので、ライバルとの差が埋まり難く、成績が伸び悩むように感じるようになってしまいます。

しかし、低学年の時期には本気の人とそうでない人が混在している状況であったという事です。

そして、低学年の段階で受験を意識して早期から努力を重ねていた人は、それより遅く始めた人と比べて良い結果を残している人が多いです。

なので人によって本気度が大きく異なるその時期に、いかに周りに流されることなく、高い意識を保って勉強を続けられるか、という事が重要だと思います。

周りの環境は通っている学校や仲のいい友達など様々なものが考えられますが、それらに振り回されることなく自分のやるべきことをやり切るというのが冬休みにおいてはとても大切です。

また、受験生に比べてまだ誘惑が多い時期でもあるので、あらかじめ予定を立ててそれをやり切るようにすると、自分に甘えることなく勉強をしやすいのでおすすめです!

周りに流されることなくやるべきことをやりきって、充実した冬休みをお過ごしください!

 

 

2019年 12月 10日 冬期講習3講座締切のご案内

こんにちは!

寒くなってきましたが皆さまはいかがおすごしでしょうか?

今日は、冬期招待講習の申込についてのお知らせです。

なんと!

明日(11日)は冬期招待講習の、3講座申込締切日です!!!

無料で3講座(最大15コマ)講座を受けることができる最後のチャンスです!!!!

講習を受けてぜひこの機会に苦手を克服してみませんか?

皆さまのお申込みをお待ちしております。ぜひ渋谷駅西口校で一緒に頑張りましょう!

 

 

↓クリックすると申込ページに飛びます!

https://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=GS001_brand_tokubetsu-shotai&utm_content=TXT02K&argument=4UqKLTXR&dmai=GSB00102K009&gclid=EAIaIQobChMItLC76YWr5gIVQ7aWCh2W5w2GEAAYASAAEgJznvD_BwE

 

 

 

2019年 12月 9日 冬休みの過ごし方for受験生 東京大学 高田真帆

 

こんにちは!担任助手1年の高田です!

 

引き続き冬休みの過ごし方についてお伝えしていきます。

 

今回は受験生が陥りがちな罠について書こうと思います。

皆さん、これらの罠にひっかからないように気を付けてください!

 

【罠その1】

×だらける

 

言わずもがなですが、冬休みのぬくぬく感にずっと入り浸っていてはだめです。

受験はすぐそこなので、最後まで集中力を持続させましょう

 

【罠その2】

×焦って新しい参考書を買いまくる

 

逆に焦ってしまうパターンがこちら。

せっかくいい参考書でもこれでは身になりません。

焦って多方面に中途半端になるのは絶対に避けてください!

 

【罠その3】

×不規則な生活を送ってしまう

 

学校がない&受験勉強のダブルコンボで、この冬休みは不規則な生活リズムに陥りがちです。

しかし、受験本番はほとんどの場合朝から試験です。

朝にちゃんと実力が発揮できるよう、受験本番までに生活リズムを整えておきましょう

 

 

以上のことに気を付けて、冬休みを実力を最大限伸ばす最高の機会にしましょう!

 

 

 

 

 

 

2019年 12月 8日 冬休みの過ごし方 for受験生 慶應義塾大学 原田沙也加

こんにちは!担任助手1年の原田です!

受験生の皆さんは毎日勉強を頑張っていることと思いますが、今日は受験生が冬休みにやるべきことをお伝えしたいと思います!

第一にやるべきことは過去問です!

センター試験を受ける人は、12月後半からはセンター過去問に本腰を入れつつ、二次試験の過去問も並行して進めて、記述力を鈍らせないようにしましょう!

また、冬休みの体調管理はとても大切です!

体調を崩してしまうと勉強計画が崩れてしまい、良い事は1つもないです。

インフルエンザの予防注射を打つ、手洗いうがいをこまめにする、外に出る時はマスクをするなど、体調に気を付けながら過ごしましょう!

冬休みからも成績はまだまだ伸びます!限界を超える努力をしましょう!

 

 

2019年 12月 7日 受験生は冬に何をすべきか 慶應義塾大学 千葉荘輝

全国の頑張ってる途中のみなさん、こんにちは!

 

去年の今頃は東進に開館から閉館まで入り浸っていた千葉です。

 

受験生のみなさんはまさに‘‘入試直前真っ最中”といったところでしょうか。

 

この時期に受験生は何をすべきか、今日は僕の考えをお伝えしようと思います。

 

 

当たり前ですが、基本的に入試というものは点数の高い人から合格していきます。

 

ですから、みなさんの目標は「入試本番で高い点数を取る」です。

 

今の時期は、このことを意識して欲しいのです。

 

例えば過去問の数学、まったく分からなかった問題を何も見ないで解けるようになるまで復習する。

 

これはあまり良い手ではありません。

 

過去問の難しい問題ひとつ解けるようになったところで本番の点数は上がるのでしょうか?

 

難しい問題を解けるようになるよりケアレスミスをなくす方が先です!

 

自分の実力を100%発揮することを第一に考えましょう。

 

例えば、分量に対して制限時間が短い入試だったら、解くスピードを上げる、もしくは難しい問題を見極められるようにする、など・・・

 

 

今までたくさん勉強してきて今があるのですから、直前期だからといって学力が急に伸びたりすることはあまりないです。

 

しかし点数は急に伸びていきます。データにも表れているそうです!!

 

過去問で研究した志望校の傾向、しっかり対策して合格を勝ち取ってください!