10月 | 2020 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ 2020年10月の記事一覧

2020年 10月 30日 東進で勉強するメリット part1

みなさん、こんにちは!全統を受けた方はお疲れさまでした。復習はもう全教科分終わったでしょうか?

模試は、受けるだけでなく復習/解説授業を通して初めて、成長の糧になります。

まだ復習していない人は、急いで復習しましょう!

(余談ですが、今年の渋谷ハロウィンはどんな雰囲気になるのでしょうか。毎年ニュースで報道されるようなものにならないことを祈るばかりです。)

 

さて、本日は東進で勉強するメリットにはどのようなものが有るのか、についてお話していきたいと思います!

①学校生活との両立が可能!

実際、東進生の多くがこれにメリットを感じていると思います。

私も高2の秋に東進に入学する時、当時所属していた吹奏楽部の活動がとても忙しかったです。引退に向けてコンクールへの出場や定期演奏会の準備に追われていました。

東進では決まった受講時間が設定されていないので、自分の受けたいタイミングで授業を受けることができます。

②高速な学習が可能!

東進には高速基礎マスターというコンテンツを筆頭として、高速での習得を推進しています。

私は、学校で様々な活動をしていたために、周りよりも遅い受験のスタートだったのですが、1日に何コマでも受けることができ、周りの受験ペースに追いつくことができました。

部活の引退が遅い人や受験のスタートが遅い人には本当に嬉しいシステムだと思います。

③データが豊富

東進模試を受けたことのある人ならわかると思うのですが、東進模試で返却される成績帳票ではでは昨年の合格者平均の推移から、得点率の分布まで、非常に沢山のデータを見ることができます。

これは、定期的に自分の今の勉強状況を客観的に見るいい機会となります。

 

明日も同じテーマでお届けします!

 

更新者:慶應義塾大学1年 本島満理奈

2020年 10月 28日 勉強と休憩のバランス

こんにちは、担任助手3年の鈴木美帆です。

昨日、おとといのブログでは全国統一高校生テストの復習についてでしたが、みなさん復習はしっかりやりましたか??

やること沢山で時間ない!と思っている人もいるかも知れませんが模試は受けて終わりじゃありません><

しっかりできなかったところを復習して身につけるまでが模試です!

しっかりやってくださいね~

 

さて、今日は「勉強と休憩のバランス」についてお話ししますね!

休憩といっても人それぞれですが、私がおすすめしたい休憩は、

①歩く!

休憩と言っても人それぞれ、ぼーっとしたり少し携帯をいじるなんて休憩もありますが、座りっぱなしは良くないです!×

ずっと同じ体勢だと、血の巡りが悪くなり、体への負担も大きいです。勉強の集中力低下にも繋がるので、

休憩する時は少し立ち上がって歩いてみてください!

②昼寝

少しの仮眠をとることで頭がすっきりします!ただ昼寝のし過ぎには気を付けて下さい!20分くらいにしましょう!

③休憩時間と勉強時間のサイクルをつくる

これは調べてみて知ったことなのですが、キリが悪くても時間になったら休憩を躊躇なく取った方が良いそうです。

というのもこれは、「人は、達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えている

という心理効果だそうです!

何章までやったら休憩!、と区切りを付けたい気持ちも分かりますが、中断して休憩しましょう!

本番の試験も決められた時間の中で、試験→休憩→試験→休憩、、、と決まっています。

しっかりサイクル作ってやるのも一つですね!

 

今回は3つの休憩方法を紹介しましたが、是非参考にしてみてください!

 

2020年 10月 27日 模試の復習方法part2

 

みなさんこんにちは!一年の柴田です。

本日は、昨日に引き続き模試の復習方法についてお話ししたいと思ます。

大まかな復習法については孝太君が昨日のブログでたくさん話してくれたので、その他注意点をお伝えします。

復習はすぐにすること 

模試が終わり、焦りを感じて次に向けてすぐ行動しようと思っている皆さん、素晴らしいです。

ですが!

せっかく苦労して試験を受けたのに受けて終わりなんてもったいない!

新しいものに手を付けたい向上心はとても素敵なことですが、その気持ちをぐっとこらえて一旦模試の復習をしてみて下さい。

昨日のブログでも少し触れましたが、問題の内容なんて数日で忘れてしまうものです。

帳票が返却されてから復習しようと思っている皆さん、解いたはずの問題をまた一から読み直したいですか?時間は有限です。問題を覚えているうちにささっと復習してしまいましょう!

 

当日受験を乗り切った皆さんも後日受験を控えている皆さんもあと80日!体調に気を遣いながら勉強してくださいね。

 

本日の更新者:明治大学文学部一年 柴田藍

2020年 10月 26日 模試後の復習方法part1

みなさんこんにちは!担任助手1年の山城孝太です。

本日は、「模試の復習方法について」お伝えしていきます!

 

まずは、みなさん昨日は全統模試お疲れ様でした!

長丁場かつ休憩も短く、終わった後は疲れも出てきたのではないでしょうか。

 

さて、模試が終わった後、みなさんは何をしていますか?

少し質問が大雑把になってしまいましたが、模試の復習はぜひぜひ大切にしたいものです。

 

まずは、今回の模試で間違えたところを自分で考え直す→解答・解説授業を見て勉強する→解答を見てもわからない部分があれば講座テキスト・教科書を見て復習する

という流れで復習をしてみましょう。

そしてさらにそれが終わってからやってほしいことがあります。ここが重要だと僕は思ってます。

それは数日後に解き直すことです!

数日というのは、だいたい問題の内容が若干忘れてくる頃。。。結局あいまいですね(笑)

なぜこれをやってみてほしいか、理由はしっかりあります!

共通テストは時間との勝負になる科目が多いですよね。

「時間があれば解き終わるけど時間がなくて解ききれなかった!」という人も多いと思います。

そういう方にこそぜひやっていただきたい!

模試を一通り復習して理解した状態でもう1回解いてみれば模試本番の時と比べてはるかにスピードが上がりますよね。

そうすれば解ききることができるのではないでしょうか?

これの大事なところは

「解ききるにはどれくらいのペースで解けばいいのかが身をもって実感できること」です!

これまで模試を解いてきてずっと解ききれていなかった人は、

そもそも解き終わるイメージをもっていないのではないでしょうか?

それではなかなか自分の解くスピードをどれくらい上げていけばいいのかわからず、

せっかくの伸びしろがもったいないです。

またもう一回解き直すことで

本当に模試の出題範囲をしっかり理解できたのか確かめられるという効果ももちろんあります。

本当におすすめですのでぜひやってみてください!

長くなってしまいましたが、これだけ復習は大事なんだなと伝わってくれればうれしいです!

 

それでは今日からまた頑張っていきましょう!


 

2020年 10月 24日 模試直前にすべきこと Part.2

今日のブログも、「模試直前にできること」というテーマでお送りします。

先日は模試数日前に関する話だったので、

今回は「模試前日夜~当日に出来ること」を書こうと思います。

 

 

①いつもより早めに寝る

これは言うまでもなく重要です。

ある研究によると、睡眠不足でいる状態と、飲酒運転で逮捕される程度の血中アルコール濃度の状態では、

判断力が同じレベルにまで落ちるそうです。

前日となると最後の追い込みをしたくなるかもしれませんが、必ずしっかり睡眠をとりましょう。

 

②朝ごはんを食べる

これもよく言われることですが、重要です。

小学校の時に、朝ごはんを必ず食べる人とそうでない人の成績の差をグラフにしたものを

よく見せられた事でしょう。(自分だけ?)

パンと野菜ジュース程度でもいいので、なんらかを口にしてから模試に臨みましょう

 

③よく使っている参考書を見る

試験直前の穴埋めだけではなく、よく使っているものを見ることで、

「これだけやったのだから大丈夫」と、安心感を得るということもあるかもしれません。


以上が今回のブログの内容となります!

明日の模試頑張ってください!ブログは月曜日に再開します!