6月 | 2020 | 東進ハイスクール渋谷駅西口校|東京都

ブログ 2020年06月の記事一覧

2020年 6月 30日 大学紹介始まります!

明日から東進ハイスクール渋谷駅西口校担任助手の大学紹介が始まります!!

 

低学年は志作文を書いて、将来のことを考え始めたと思います。

自分の将来の夢・志に近づける大学自分に合いそうな楽しめそうな大学を見つける手がかりにするいい機会になると思います!

 

受験生は自分が行きたい大学・学部の先輩の投稿があれば、大学の情報を知って勉強のモチベーションを上げるためにこのブログを読んでみてください!

 

渋谷駅西口校には色々な大学・学部に通っているスタッフがいます。

このブログを読んで大学選びの参考にしてみてください!

 

2020年 6月 28日 模試の結果の見方

全国統一高校生テストお疲れさまでした!

模試の日から1週間経ちますね。

みなさん成績帳票は確認しましたか?

 

今回私がお伝えしたいことは、

模試の結果に

一喜一憂しないでほしい

ということです。

 

●模試の結果が良かった方

 

勉強の成果が出て良かったですね!

でも油断は禁物です。

模試はあくまで模試です。

途中段階であってゴールではありません。

たまたま正解した問題があれば、

そこの復習も忘れないでください。

 

今まで通り努力を継続しましょう!

 

 

●模試の結果があまり良くなかった方

 

今回の模試で、

苦手分野や改善すべき点が見つかったという収穫がありました。

落ち込んでいる暇はありません!

どの問題を間違えたのか

一つ一つ確認して、

なぜ間違えてしまったのか、

自分の弱みは何かなどを考えてみてください。

(復習の仕方については、

6月24日6月25日

のブログを参考にしてください。)

 

点数や判定にとらわれすぎず、

今の自分に何が足りないかを冷静に分析して

これからの勉強に

活かしていきましょう!

 

2020年 6月 26日 勉強計画の立て方

みなさん、勉強は順調に進んでいますでしょうか?

本日は担任助手の本島が勉強計画の立て方についてお送りします!

 

突然ですが、東進で「計画を立てよう」と聞いた人は多いのではないでしょうか

また、計画を立てたり、こなしたりすることに悩みを抱えたり、諦めてしまった人、多いのではないでしょうか

今日は、

①そもそもなぜ計画を立てる必要があるのか

②良い計画の立て方・ポイント

の2点に絞ってお話ししたいと思います!

 

では計画を立てる重要性からお話しします

東進では、「取得している講座」や、「実際に今やるべきこと」が一人一人異なっています

つまり、入試までのスケジュールも、一人一人異なります!

そこで、計画を立てることで、入試本番から逆算した非常に合理的な1週間を送ることが出来るわけです!

 

なにに、どのくらい時間をかけているのか?

最近集中している科目とは対称的に、触れる時間の少なくなっている科目はないか?

最終的にいい1週間が送れているのか?

などなど、

今の自分の勉強スタイルを再確認するほか、次の1週間をより良いものにするためには

計画を立てることが最善の道だと思います!!!

 

つぎに、良い計画に見られるいくつかのポイントを紹介します

1.実現性

2.みやすさ

3.具体性

ぜひ、これらを頭の中に入れて、計画を立ててほしいです

 

余談ですが、東進渋谷駅西口校に現在通っている皆さんは

グループミーティングで配布される計画表を是非ご活用ください

慣れるまでは、書くのに時間がかかるかもしれませんが、

自分のものにしたら相当勉強の質が上がると思います!

 

勉強の量も質もあげて、確実に成長できる夏休み、入試生活にしていきましょう!

 

最後まで読んでくれたあなたへ。

 

計画立ててみたけどこれでいいのか分からないとか、計画なんてはなから上手くいかないからあきらめてる

なんて考えていたらぜひ、担任助手の本島に声をかけて下さい!計画の事ならなんでも相談にのります!

2020年 6月 25日 模試の復習の仕方②

全国統一高校生テストを受験された皆さん、お疲れ様でした!!

校舎に成績帳票が届きました。皆さんもご自分のPOSから確認できるのでチェックしてみてくださいね。

さて先日小池さんがブログにて、東進のコンテンツを利用した模試の復習の仕方を教えてくださいました。お読みいただけましたでしょうか。とてもわかりやすくまとめられているのでぜひご確認ください!

今回は、前回よりも少し詳しくお伝えします。

そもそも模試の分析とは何をするのか…?

まずは間違っていた問題に注目しましょう。そして答えももちろんですが、なぜ間違えたのかということを主に考えます。例えばこの文章の意味を読み違えたからだな、とか、このとき眠かったからだな、とか。

次に、そのミスの再発防止策を練りましょう!先程の例で言うなら、主語と述語の把握ができていなかったから、これからはわかりづらい文章には印をつけて分解して読むことにしよう、とか。前日はしっかり早寝しよう、とか。

一番おすすめなのは模試ノートを作ることです。模試の度に更新して、自分がどんな問題でどんな間違いをして、これからどんな方法で点数を伸ばしていくのか、そういったことをまとめて自分だけのノートを作りましょう。ちなみにこれは、中西さんが教えて下さった方法です。私は解く順番から緊張の抑え方まで記したノートを、入試本番にも読みました。

東進では担任助手との模試後面談もあるので、一緒に今後の対策を考えていきましょうね!

直しをするまでが模試です。今回の模試を最大限自分の成長につなげましょう!!

 

2020年 6月 24日 模試の復習の仕方①

みなさん、全国統一高校生テストお疲れさまでした!

共通テスト型の試験には慣れてきましたでしょうか?

今回の模試は志望校に向けて、今の自分の実力を知り、今後の学習プランを練っていくためのとても重要な試験でした。

それにあたって模試の復習はとても大切になってきます

ということで、、!

今回は模試の復習の仕方を紹介していきます!!

手順としては

自己分析:時間があったとしても分からなかった問題のリストアップ。もし当て勘で正解してしまったものなどもあれば、それも同様にチェックしていく。自己分析シートも受付においてあります。ぜひ活用しましょう。

解説付き解答冊子(オンライン):リストアップした問題だけでも、しっかり解説を読んでノートやテキストにまとめる。

posの講座受講の欄に「教材ダウンロード」という所があります。そこから探してみてください。

 

よく間違いノートを作ることが推奨されていますが、自分に合ったものを作ってみると良いと思います!

 

もし解答冊子の解説だけでは分からない、理解できないといった場合は東進ならではの解説授業というものがあります。

各問題ごとの解答のポイントや復習のコツなどを細かく解説してくれています。ぜひこちらの方も活用してみて下さい!!

posの講座受講の欄の「個別受講予約」のところで「東進模試の解説授業」というところを選択できるようになってます。そこから復習する科目の解説授業を選択して受講してみてください。

 

明日も引き続き模試の復習方法を紹介します!

模試後も計画を立てて引き続き頑張っていきましょう!